授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 行動経済学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
行動経済学は、伝統的な経済学で洗練されてきた経済モデルを、より人間味のある仮定
の下でも成立させるために研究が進められている新しい学問です。			
 心理学、社会学、文化人類学、脳神経科学などの成果を取り入れ、実験や実証研究から
伝統的な経済学のモデルを検証しています。				
 本講義では、各テーマの代表的な実験に参加することで矛盾や疑問に気づかせ、その問
題に対する経済学者の仮説や検証方法を紹介することで経済学的な考え方を鍛え、伝統的
な経済学と行動経済学の双方の理解をより深めることを目的とします。
先修条件または
他の授業科目との関連
「マクロ経済学入門」、「ミクロ経済学入門」を修得することが必要です。また「ミクロ経済学」と併せて学ぶことで理解が深まります。
履修のポイント
留意事項
講義の最後に、受講者が自ら考えた経済実験を他の受講者に実施することで、社会をモ
デル化して理論的に考える力を養います。

学部・学科必修/選択の別
政治経済学部 経済学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成