授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 産業組織論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
産業組織論は、応用経済学の一分野です。とりわけ、分析の理論的基盤は、価格
理論と厚生経済理論です。主として、これら二つの経済理論に基づいて、産業活動
の経済分析を行うことが目指されています。分析の対象となる産業活動は、製造業
を中心として、流通業やサービス業など広範な事業分野に及んでいます。公益事業
もしくは政府規制産業のあり方については、しばしば重要な政策提言が、この分野
の経済学者によって行われています。また、主たる分析視点としては、市場におけ
る競争を通じて、産業活動の効率性が如何に達成できるかにあります。このため、
この研究分野の実践的な価値は、独占禁止政策や産業政策一般について、信頼度の
高い政策提言ができることです。もちろん、効率性の尺度だけで産業活動を評価す
ることは片手落ちであり、時には、公平性や正義あるいは歴史観といった経済学者
の不得意とする分析視点が要求されることもあります。
 【この授業で育成する力・スキル】
 ・自ら考える力  ・政府、市場、組織を理解する力
先修条件または
他の授業科目との関連
経済理論とその応用に必要な基礎的知識が必要なため、「マクロ経済学入門」と「ミクロ経済学入門」の2科目が、先修条件です。
 また、関連分野としては、ミクロ経済学の生産(供給)の理論と市場競争の理論と
その応用の部分がありますが,その他に独占禁止法や経済関係法など法律分野の
授業も参考になります。当学科のカリキュラムでは、「ミクロ経済学」「経済政策
論」「公共経済学」「国際経済学」などが関連科目といえましょう。
履修のポイント
留意事項
新聞や雑誌、テレビなどのメディアにより、実際の産業活動や企業間競争の実態を知っ
ておくと授業内容が理解しやすいと思います。さらに、この分野の勉強には、政府の産業
規制や法的制度の実際についての知識が必要とされますから、そうした点について辛抱強
く勉強することも必要です。
学部・学科必修/選択の別
政治経済学部 経済学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成