授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 国際法
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
  この授業科目は、主として法学部以外の学部・学科に属する学生が教職課程の教科に関する科目として履修することを想定している科目であるが、原則として、法学部の主専攻科目である「国際法1」と同時開講で行う。その「国際法1」は東海大学の教育方針の一つである「国際性豊かな視野を持った人材の育成」をうけた、法学部の“学びのフィールド”の一つ「国際関係法分野」に属する科目である。
  この授業科目の目標は、国際社会の構成単位である国家や国際組織の間の関係を規律す国際法の特質を理解しつつ、その対象分野全般にわたる基礎的知識を得ることにある。国際法の法的性格、特に国内法との関係、条約と慣習国際法、国際法の主体(国家、国際機構、個人)、国家の成立要件と国家承認、国家承継、国家の国際法上の責任、国家機関(外交使節、軍隊)の国際的権能、国家の基本的権利・義務、国家領域および国際化地域(国際運河・河川、南極)、海洋と空(領空、宇宙)の国際法、人権、経済、環境に関する国際法、国際紛争の平和的解決、国際安全保障などに関してとりあげる。国際法の基本的原則・規則が現実の問題にどのように適用され、現実問題の解決にかかわることができるかについて、自ら考える姿勢を身につけることも目標とする。
先修条件または
他の授業科目との関連
  先修条件等に関しては、各学科により定められているところに従う。
履修のポイント
留意事項
  細かな知識の暗記ではなく、原則的な枠組がどのように発展してきたのかについて、理解することが重要である。また、ヨーロッパ史、国際政治等の知識は国際法の発展の背景をなすので重要であり、国際法は国際社会に適用される法であるので、国際関係や国際政治の知識も有用である。新聞などにより国際的時事問題の知識に触れておくことも重要である。
学部・学科必修/選択の別
文学部 文明学科 選択
政治経済学部 経済学科 選択
教養学部 人間環境学科                                    社会環境課程 選択
文化社会学部 広報メディア学科 選択
文化社会学部 心理・社会学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成