授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 経済学原論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
経済学原論は、経済学の二つの主要分野である「マクロ経済学」と「ミクロ経済
学」の入門科目として位置付けられます。前者では、一国の生産や消費といった経
済活動の水準がどのような仕組みで決まり、経済政策(財政・金融政策)が一国の
経済水準にどのような影響を及ぼすかについて分析します。「ミクロ経済学」で
は、市場経済がどのような特徴を持ち、その市場がどのように形成され、どのよう
な働きをするのかについて分析します。他の経済学の科目を履修するためにも必要
な基礎科目です。
 本授業で育成する力・スキルは、以下のとおりです。
 ・自ら考える力
 ・政府・市場・組織を理解する力
先修条件または
他の授業科目との関連
履修登録上の先修条件はありません。経済学は、社会科学の一環として、政治学
とも経営学とも密接な関連を持っています。とりわけ、経営学はミクロ経済学との
関連が深く、応用経済学という側面を持っているといえるでしょう。
履修のポイント
留意事項
経済学は、非常に体系化されており、基礎知識・概念から次第に積み上げていくの
で、ある部分の理解が欠けるとその先の理解が難しい場合もあります。したがって、順
を追って理解していくことが大切です。その意味からも、講義への出席、および予習・
復習は不可欠です。
学部・学科必修/選択の別
政治経済学部 政治学科 選択
政治経済学部 経営学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成