授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 舞台美術論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 舞台美術が舞台芸術の創作の中で、どのような役割りを担っているのか理解を深め
ることがねらいである。
 舞台は様々な専門分野が、力を出し合うことで作られる。企画、演出、装置、照
明、音響、衣装など、多くの異なった分野の人たちの共同作業によって成立する場
ともいえる。
 観客の心を舞台の上の世界にどのように引き込んでいくのか。舞台美術と舞台空
間とのかかわりを探っていく。

本授業で育成する力・スキルは、以下の通りである。
自ら考える力/問題解決と社会的役割の自覚/問題を論理的に考え表現できる力

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。

本授業は芸術学科の「学科共通科目」であり、音楽・美術・デザインに限らず芸術を学ぶ学生に理解してもらいたい講義科目である。

履修のポイント
留意事項
特別な知識は必要としない。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 芸術学科                                      音楽学課程 選択
教養学部 芸術学科                                      美術学課程 選択
教養学部 芸術学科                                      デザイン学課程 選択

2018/09/13 17:24:48 作成