授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 知的財産権論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
近年、産業財産権、著作権など知的財産権についての論議が、デザインの分野でも頻
繁になされている。またデジタル化され、情報ネットワークで流通する無形の創作物
の知的財産権問題も、問題が山積している。
本講義では、知的財産権関連の法令を取り上げ、デザインの開発や保護を中心に、デ
ザインという創造行為に関わる受講者の知識と権利意識の向上を図ることを目的とし
ている。
本講義で育成する力・スキルは以下の通りである。
自ら考える力/広い視野と専門的視点/状況理解と変化に対応する能力/デザイン専
門分野の知識と造形力
先修条件または
他の授業科目との関連
この授業は、デザインの全ての分野に関係する事柄を扱うものである。したがって、カリキュラム区分IVの全ての科目と関連があると言えよう。
あえて強い関連のある科目を示すとすれば、プロダクトデザイン論、製品論、参加型デザイン論などの講義科目や、デジタルグラフィックデザインなど全てのデザインコースの実習などが挙げられよう。
履修のポイント
留意事項
この授業は講義形式で進められるコース共通科目であるが、先に述べたように関連する多
くの法令について学ぶことになる。従って受講を希望する学生には、文献や資料の購読な
ど授業時間外の予習・復習が重要な要件になる。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 芸術学科                                      音楽学課程 選択
教養学部 芸術学科                                      美術学課程 選択
教養学部 芸術学科                                      デザイン学課程 選択

2018/09/13 17:24:48 作成