授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 スペースデザイン論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
快適で美しいスペースのデザインをするためには、空間だけではなく様々なインテリア・エクステリアのエレメントも、そのデザインの対象となる。つまり空間と道具の双方向のアプ ローチが大切な要件となる。本論は、新たな時代の生活環境の形成に向けたスペースデザインの、今日的な 役割や課題・将来的な展望について多角的に考察する。

本授業で育成する力・スキルは以下である。
自ら考える力/広い視野と専門的視点/デザイン専門分野の知識と造形力
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は特にない。 
空間関連の専門領域の<デザイン諸学>を学習する際のもっとも基礎となる授業として位置づけられており、できる限り早期のセメスターで受講することを望む。 
近代デザイン史、デザイン概論、ユニバーサル デザイン論、プロダクトデザイン論、照明デザイン論などと広く関連する。またスペースデザイン実習など専門実習科目と深く関連する。 
履修のポイント
留意事項
各自の進路を明確にし、履修することが望まれる。 将来の高度な専門性を得るための導入として重要な授業であることを自覚し、充分な成果 が得られるような努力を望む。 
本授業では、国内外の具体的な事例をとり上げ、スペースデザインの私的な側面や公的な側面についての多様な考え方や特性を俯瞰するスライドなどの視覚教材も併用して履修生の理解の助けとする。しかし理解を深めるためには、文献や資料の購読など授業時間外の積極的な取り組みも重要になる。 
実際の建築物や室内の空間に関心を持ち、できるだけ空間体験を重ね、スケッチや実測等 のメモで記録するトレーニングをすることは、飛躍的に学習効果をあげるために望ましい。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 芸術学科                                      デザイン学課程 選択

2018/09/13 17:24:48 作成