授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 エンターテイメントデザイン論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
現在、様々なデザイン分野において、人の心を魅了するエンターテイメントの要素が求められている。
本授業では、現代社会において脚光を浴びるこのエンターテイメントを様々なクリエイティブ表現から概観することで、社会的背景や娯楽的要因を捉えながら、エンターテイメントデザインとは何かを探ることを目的とする。
本授業で育成する力・スキルは以下である。
自ら考える力/広い視野と専門的視点/デザイン全般の知識と基礎能力/デザイン専門分野の知識と造形力
先修条件または
他の授業科目との関連
本授業はデザイン学課程の「専門知識科目」である。またデザイン学課程の副専攻科目であり、他学科の学生も履修可能な科目である。
本科目はデザイン学課程で開講するエンターテイメントデザインコースのコア科目であるが、デザインコースの選択に限らず、現代デザインの方向性を考察する上ではデザインを学ぶ学生にとって必要な講義科目といえる。
一方、他学科の学生にとっても、新しいデザインムーブメントを理解しようとする意味では適した科目であり、エンターテイメントデザインの背景を探ることで、現代人の志向や意識を知るきっかけにもつながる。
履修のポイント
留意事項
本授業は、マンガやゲームなどのエンターテインメント産業として認識されている狭い領域のみを扱うものではなく、エンターテイメントデザインに関する新しい概念の考察をめざすものである。
よってクリエイティブ表現された事象を知識として修得するだけではなく、社会的背景を理解して娯楽的要因を系統立てながら、エンターテイメントデザインの本質に迫ることを目標とする。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 芸術学科                                      デザイン学課程 選択

2018/09/13 17:24:48 作成