授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 動画表現
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
「動画」には、映画、TV、ネットワーク画像、アニメーション、紙芝居に至るまで様々な姿がある。この授業では「動画」を創造的な時間芸術という視点でとらえ、その発想から具体的な表現までのプロセスを解説し、コマーシャルフィルム、プロモーションビデオで使用される表現技術を参考にしながら、各自の動画作品の制作に繋げていく。単なる技術だけではなく、時の流れの中でのみ表現可能な動画の本質を考える。
本授業で育成する力・スキルは以下である。
自ら考える力/挑み力/成し遂げ力/広い視野と専門的視点/デザイン専門分野の知識と造形力

先修条件または
他の授業科目との関連
3セメスター以降に履修可。
動画はビジュアルデザインの中の一つのジャンルである。
講義科目では「ビジュアルデザイン論」「映像デザイン論」「アートディレクション論」と関連を持つ。実習では特に「写真表現」と同列にあり、「デジタルグラフィックデザイン」「ビジュアルデザイン実習1-4」「エンターテイメントデザイン実習1-4」における課題では、この科目で習得した知識と技術が応用される。
履修のポイント
留意事項
授業目標で述べた「動画」の意味をしっかりと把握した上で、各自の履修体系の中で明確な位置づけを行なうことが必要である。特に本科目に対する自分自身の適不適をはっきりと自覚し、興味本位の履修は極力避けて欲しい。
実習は積み重ねによりなされるため、欠席等の度合によっては次の段階に進めない場合があるので注意すること。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 芸術学科                                      デザイン学課程 選択

2018/09/13 17:24:48 作成