授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 スポーツ史
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学部共通1グループ
授業の目標
 「21世紀に生きる現代人にとって、スポーツとは何か?」「これまで我々はどのようにスポーツと関わってきたのか?」「我々はどのようにスポーツと関わり続けるのか?」このような問いに対し、「歴史的視点」からの回答を試みるのが本授業の目標の一つである。
 スポーツ史は、スポーツ文化の「現在」を知ることであり、そのための重要な手がかりを提供する学問分野の一つである。
 つまり、スポーツ史を学ぶことは、単に過去のスポーツにまつわる事象の知識を得るだけでなく、それがどのように「現在」に影響を与えているのかということを考察することである。
 本授業が、これからの我々とスポーツ文化の関わりについて考える指標となることを期待する。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件:特になし
他の授業科目との関連:「スポーツ人類学」などの科目と関連がある
履修のポイント
留意事項
成績は出席、レポート、試験の結果などから総合的に評価する。
大学生としての受講マナーを遵守すること。
なお、携帯電話の使用、授業中の私語など、受講にふさわしくないと判断される学生の
受講は認めない。
学部・学科必修/選択の別
体育学部 選択必修

2018/09/13 17:24:48 作成