授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 スポーツバイオメカニクス
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学部共通1グループ
授業の目標
 日常の動作でも競技スポーツの動作でも、上手に整理すると法則性が見えてくる。この授業では、身体の姿勢やフォームを整理する方法(Kinematics)・力の入れ具合を整理する方法(Kinetics)・エネルギーの出し入れを整理する方法(Energetics)について、その理論を学ぶ。理論の背景になる Key word は、位置・速度・加速度・角度・角速度・角加速度・力・トルク・エネルギー・代謝・呼吸循環などの他、パフォーマンスの目安になる正確性・再現性などがある。そのため、高校までの数学・物理・化学・生物の基礎的知識がどうしても必要になり、充分に理解するには解剖学・生理学・スポーツ運動学を学んで欲しい。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はない。
 関連科目には「スポーツバイオメカニクス実験A」、「スポーツバイオメカニクス実験B」のほか、体育学部共通基礎科目「解剖学」、「生理学」、「運動生理学」、「運動学(運動方法学を含む)」がある。

履修のポイント
留意事項
 単位の修得は定期試験の成績で判断する。
学部・学科必修/選択の別
体育学部 選択必修

2018/09/13 17:24:48 作成