授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 テニス 理論及び実習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
 テニスは、俊敏性、予測能力を高め、適度な運動強度を確保できるスポーツであ
る。ラケットがあれば気軽に出来ることから、生涯スポーツとして定着することが
期待できる。本授業ではテニスを通じて、スポーツを実践することの「楽しさ」を
多くの人と分かち合える人材育成に主眼をおいている。そのためにも、まずスポー
ツ種目に対する理解を深め、練習・試合を楽しめることが大切であろう。
 本授業では、ラケットを初めて握る初心者の指導プログラムからスタート、そして
レベルごとに沿った効果的な指導法についても習得できるようにする。ラケットの
扱い、ボール慣れのための練習からグランドストローク、ボレー、サービス等の技
術練習を実践していく。ゲームにおいては、主にダブルスを中心にポジショニン
グ、コンビネーションプレー等を学ぶ。また、ルール、コートマナーについて講
義、小テストを通して理解を深める。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件なし。
履修のポイント
留意事項
<留意事項>
ラケットは、各自用意することが望ましい。(貸し出しもある)
テニスコートで実施するために、テニスシューズの着用を義務づける。

本科目においては、個人の技能レベルの違いによって要求される達成度が異なる。
実技であるため、出席及び授業への積極的参加の態度を重要視する。従って、授業参加
のための健康状態を各自で管理しておくことが望ましい。怪我などの不慮のアクシデン
トのためにやむを得ず授業に参加できない場合は、申し出、相談すること。

※ 運動できる服装、また、外履きシューズのままでは授業に参加できない。
※ 遅刻を厳しくとる。出席確認に間に合わない学生は遅刻となる。
  (名前を呼ばれた時、返事ができなかった学生)
※ 原則授業は、テニスコートで行うが、教室に変更されることもあるので、
  毎回授業開始前に7号館1Fの掲示板で確認すること。

学部・学科必修/選択の別
体育学部 選択

2018/09/13 17:24:48 作成