授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 保健体育科教育法1
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
 保健体育科の教員免許状は、専門科目の他、保健体育に関する専門教育科目について所定の単位を取得した者に、都道府県の教育委員会が授与することとなっている。中学校・高等学校の保健体育教師となるためには、これらの履修科目のうち、教科の教育方法の科目として「保健体育科教育法1・2」が定められている。この科目では、保健及び体育の@教科の本質、A教科の構造と目標、B児童・生徒の心身の健康と発達課題、C学習内容、D学習指導法、E学習評価法、F教科外の学習指
導法、G保健・体育の教師論等の講義を行う。これらの講義を通して、教科教育の専門的な知識とその指導法ならびに教師としての幅広い教養と技術を身につけることを目標としている。本科目は保健及び体育の基礎的な科学の成果に依拠しながら学校という場での教育という子どもの個々の要求や具体的事例において特殊化されるという特色をもつ。従って、今日の児童・生徒の健康・発達や体育・スポーツと教育について、深い洞察力をもち、教育の実践者として即応できる指導力を養うにふさわしい講義としたい。

先修条件または
他の授業科目との関連
 第5セメスターより履修可能。本科目を履修するには、「教職論」、「教育原理」、「教育心理学」、「教育制度論」の4科目のうち、3科目を修得済みであることが必要である。本科目は「保健体育科教育法2」、「保健体育科教材論」と関連する。
履修のポイント
留意事項
 この科目は、教職免許状を取得しようとする者(教師を志す者)のみ履修するものである。それなりに学校教育のとりわけ保健及び体育の教育に興味と関心、強い研究心のある学生が受講してほしい。

学部・学科必修/選択の別
体育学部 選択

2018/09/13 17:24:48 作成