授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 保健体育科教育法2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
 本授業は、学部共通基礎科目に位置付き、そこにおいては選択の2単位となっているが、教員免許を取得するためには、必修となる科目である。
 この授業では、次年度に迫った教育実習を強く意識しながら中学校及び高等学校の「保健」及び「体育」のそれぞれについて、学習指導要領とその解説を読み解き、単元計画及び学習指導案の立案を通して、指導と評価の一体化の意義を理解し、計画作成の手順や留意点などを理解し、授業の計画力を培うことを目標とする。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は「教職論」、「教育原理」、「教育心理学」、「教育制度論」の4科目の内、3科目を
修得済みである事、6セメスター以上を先修条件とする。    
 「保健体育科教育法1」、「保健体育科教材論」、「保健体育科教育実践論」、「保健授業論」、「体育授業論」などと関連している。

履修のポイント
留意事項
 教育実習に行く準備をする科目でもあり、修得できない場合は、次年度教育実習に行くことができない。
 教育実習生といえども、生徒にとっては「教員」である。そうした立場・責任を充分自覚して履修すること。

学部・学科必修/選択の別
体育学部 選択

2018/09/13 17:24:48 作成