授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 保健体育科教材論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
 教科「保健体育」においては、ややもすると教育内容と教材との区別が曖昧で、授業のねらいとそれに対応する教材との関係性をいい加減に考えがちであった。
 本授業においては、教育内容と教材との関係性、教材づくりに必要な素材の発掘や選択、素材の価値を生かした加工(教材づくり)方法論等について、分かりやすく、例を示しながら説明していく。
 なお、中学・高等学校の学習指導要領及び解説についても、触れることになる。ここで身に付けた教材づくりの諸能力を、是非教育実習の場で発揮し、より良い実習にしていってもらいたい。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件あり。「教育制度論」、「教育心理学」、「教育原理」、「教職論」のうち3科目
 以上を履修、5セメ以上を先修条件とする。
「保健体育科教育法1・2」、「保健体育科教育実践論」、「体育授業論」、「保健授業論」等と関連がある。
履修のポイント
留意事項
 体育分野ではほぼ毎回課題提出(理論をもとにした教材づくり)があるので、極力欠席しないででいただきたい。また最後は、グループによる自作教材の活用(模擬授業形式)を行う。必要な用具は原則、各自で準備する。
学部・学科必修/選択の別
体育学部 選択

2018/09/13 17:24:48 作成