授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 体育・スポーツ科学基礎ゼミナール
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 この授業は、「大学での学び」を明確にすることが目標であり、自らが「何をどのように学ぶのか」を具体的にすることである。それは、東海大学を…体育学部を…体育学科を…理解することから始まる。そして、具体的な「学びの方法」の習得を経て、124単位の卒業単位修得後に授与される「学士(体育学)」と、卒業後の自分をイメージした将来像を描くことまでとなる。
 実際には、私学である東海大学の建学精神の理解、体育学部・体育学科のディプロマポリシー・カリキュラムポリシーの理解、カリキュラムマップによる4年間の継続的・系統的な学びを明確に理解する。
 そして、具体的な「学びの方法」である「スタディスキル」の習得を行う。そこには、講義ノートの取り方、情報の収集方法(図書館・インタネット検索等)、論理的な思考の方法(三角ロジック等)、文章表現の方法、レジュメ・レポートの書き方があげられる。
 授業は、少人数によるグループワークや、学内にある図書館、松前記念館なども利用して行われる。
先修条件または
他の授業科目との関連
全ての科目の基礎となる科目であるため第1セメスターでの開講となる。第2セメスターで開講される必修科目の「体育・スポーツ科学入門」と関連がある。
履修のポイント
留意事項
・全ての課題を提出し評価されることにより単位が認定される。

学部・学科必修/選択の別
体育学部 体育学科 必修

2018/09/13 17:24:48 作成