授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 保健授業の基礎
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 現在の保健授業は、ヘルスプロモーションの理念のもとに目標が設定され、「心身の健康」「健康な生活」「障害の防止」「疾病予防」といった内容が整理されている。そして個々の領域には、現在の保健・健康問題が内容に設定されている。
 本授業では、まず、小・中・高等学校の保健授業において、こうした目標や内容がどのような構造で組み立てられているのか、また、保健授業で育成することが求められる知識、資質、能力・技能等(=保健の学力)とは何か、学習指導要領解説をもとにしながら、その概要を把握する。
 その上で、実際、学校ではどのような授業がなされているのか、使用されている教科書の内容を紐解いたり、自らの学びを振り返えったりしながら、教育内容ついての理解を深めることを目的とする。


先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件ではないが、第4セメスターから履修する科目である。
体育学科の開講科目である「保健体育授業づくり演習」、「保健体育学習指導法実習 A」の基礎となる科目となる。その他、学部共通基礎科目の「保健授業論」、教職に関する科目である「保健体育科教育法1・2」、「保健体育科教材論」などと関連している。
履修のポイント
留意事項
 学校における保健授業の「目標」や「教育内容」に特化した、いわば「保健体育科の教員になるための基礎知識を得る」科目である。よって、保健体育科の教員になることを考えている学生に履修してもらいたい。
学部・学科必修/選択の別
体育学部 体育学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成