授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 保健体育学習指導法実習B
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本科目は、体育授業の実践力を向上させることを目的としている。
 体育授業の内容には、多くの領域・種目があり、保健体育科の教員になるからには、これらすべての内容において、よりよく指導ができるようになっておく必要がある。よって本科目では、より多くの領域・種目について、マイクロティーチング方式による模擬授業を数多く行う。当然事前課題として、単元指導計画、学習指導案の作成が求められる。さらに模擬授業の省察や改善を行うことによって指導力を高めていく。苦手な領域・種目にも果敢に挑戦し、保健体育科教員としての資質を高めてもらいたい。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件ではないが、第6セメスターからの履修となる。
 学科開講科目である「体育授業の基礎」「保健体育授業づくり演習」の応用編となるのでこれらが履修済み、もしくは同時履修が理想的である。


履修のポイント
留意事項
 本授業の履修者は、教員免許取得のみならず、教員採用試験を受け、将来教員として勤務することを希望する学生を想定している。
学部・学科必修/選択の別
体育学部 体育学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成