授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 体育・スポーツ科学研究ゼミナール2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
本講は、第4セメスターまでに身に付けた知識と自らの疑問や課題をもとに、意義のある研究テーマを設定する。そして、適切な方法論(該当する学問)を用いて解決を試み、その結果を検証し、論文という形に構成することで、論理的・実証的思考を培う。即ち、本講は、大学における学業の総合的な成果を求めるものである。
 ゼミナール「1」は、以後 「2」「3」「4」に連続することから、「ゼミナール」選択に当たっては教員より事前に説明を聞いた上で、慎重な検討が必要である。
 各ゼミナールの詳細の概略は以下の通りである(あくまで標準であり、研究領域によって変わる)。
    
 「1」:研究の手法と手順(その1)  
 「2」:研究の手法と手順(その2)、テーマの模索、先行研究のレビュー  
 「3」:実験・調査等の実施とデータの整理、分析・考察  
 「4」:論文及び抄録の作成・発表及び提出

 ゼミナールの「2」では、「1」で身に付けた知識を、さらに深化・拡大させ、各自又は研究班(課題等を同じくする者)におけるテーマの模索・決定、先行研究のレビューなどが主たる内容となる。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件ではないが、学修の連続性の観点から「体育・スポーツ科学研究ゼミナール 1」の単位が修得済みであることを原則とする。 
履修のポイント
留意事項
 所属したゼミナール(研究室)の活動に積極的に参加すること。
学部・学科必修/選択の別
体育学部 体育学科 必修

2018/09/13 17:24:48 作成