授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 現代社会と福祉A
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講1グループ
授業の目標
 この科目は、社会福祉学の基礎理論を、体系的に学習する科目である。社会福祉は、身近な人々の相互の助け合いから、社会連帯による助け合いの「社会的な仕組み」へと発展してきた。その発展に導いた「社会福祉の思想や理念」を理解し、社会的な仕組みとして成立した「社会福祉制度」を学び、その意義や重要性を考える。講義内容として、福祉社会の状況や今後予測される問題点等を踏まえ、その理念、現状や将来との矛盾点、現代社会における社会福祉の原理、哲学、ニーズ、資源、サービス等に関する理論を学習する。
先修条件または
他の授業科目との関連
@先修条件はありません。
Aこの科目は、「社会福祉士」「精神保健福祉士」の受験資格取得に必要な科目です。資格を取得するためには様々な条件がありますので、必ず授業要覧を確認し希望する学生は担当教員に申し出てください。
履修のポイント
留意事項
学科目「現代社会の理解」の選択必修科目です。同じ学科目の中から8単位を修得する必要があります。
学部・学科必修/選択の別
健康学部 健康マネジメント学科 選択必修

2018/09/13 17:24:48 作成