授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 地域福祉の理論と方法A
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
 「健康社会」の実現に向かうためには、地域福祉が重要視されるようになった経緯を歴史的に学習し、近年の「地域主権」の確立に重点をおく国の政策動向と、その背景にある問題点を理解する必要がある。この科目は、地域福祉の推進のためのネットワーキングの技法、資源開発、サービスの評価方法等についての理解を深め、わが国の地域社会の変貌について、中・長期的なスパンで理解し、将来的な「地域と健康の関わり」や「地域の自立と創造」に対して、どのような社会システムを構築できるか考察していくことを目的とする。

先修条件または
他の授業科目との関連
@先修条件はありません。
Aこの科目は、「社会福祉士」「精神保健福祉士」の受験資格取得に必要な科目です。資格を取得するためには様々な条件がありますので、必ず授業要覧を確認し希望する学生は担当教員に申し出てください。
履修のポイント
留意事項
学科目「ソーシャルウェルネス」の選択必修科目です。同じ学科目の中から20単位を修得する必要があります。
学部・学科必修/選択の別
健康学部 健康マネジメント学科 選択必修

2018/09/13 17:24:48 作成