授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 地域福祉の理論と方法B
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
 この科目は、社会福祉の主流・主軸としての「地域における福祉=地域福祉」が、どのような枠組みで、何を大切にして、何をめざして営まれているのか、また誰がどのように関りながら、どのような機能を担っているのかを理解し、考察する科目である。講義を通じて、急速に進む少子高齢社会における喫緊の課題である「地域福祉の主体者と受給者の関係性」を正しく理解し、「持続可能なコミュニティづくり」のあり方や、地域福祉の理想像・モデル像を考察する力、デザインする力を育成することを目的とする。
先修条件または
他の授業科目との関連
@先修条件はありません。
Aこの科目は、「社会福祉士」「精神保健福祉士」の受験資格取得に必要な科目です。資格を取得するためには様々な条件がありますので、必ず授業要覧を確認し希望する学生は担当教員に申し出てください。
履修のポイント
留意事項
学科目「ソーシャルウェルネス」の選択必修科目です。同じ学科目の中から20単位を修得する必要があります。
学部・学科必修/選択の別
健康学部 健康マネジメント学科 選択必修

2018/09/13 17:24:48 作成