授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 高齢者と福祉
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
 急速な少子高齢化、特に75歳以上の後期高齢者の増加は、年金・医療・介護等の諸問題に影響を与えており、高齢者の生活ニーズや社会的支援の必要性や問題点を把握することは、「将来の高齢者福祉、健康社会の必要性」をデザインする上で必要不可欠になっている。この科目は、高齢者の生活状況やニーズ、高齢者福祉の歴史と理念、高齢者保健福祉に関する法制度、高齢者の権利擁護、介護保険制度の概要と各サービス、高齢者の環境の整備、高齢者のケアマネジメントと支援サービス等の理解を深め、問題点を探ることを目的とする。
先修条件または
他の授業科目との関連
@先修条件はありません。
Aこの科目は、「社会福祉士」の受験資格取得に必要な科目です。資格を取得するためには様々な条件がありますので、必ず授業要覧を確認し希望する学生は担当教員に申し出てください。
履修のポイント
留意事項
学科目「ソーシャルウェルネス」の選択必修科目です。同じ学科目の中から20単位を修得する必要があります。
学部・学科必修/選択の別
健康学部 健康マネジメント学科 選択必修

2018/09/13 17:24:48 作成