授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生活困窮と公的扶助
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
 この科目では「公的扶助」のあり方を左右する、「貧困認識のプロセス」の考察を進める。具体的には、公的扶助の理念と制度の展開、現代社会における公的扶助の意義と役割、代表的な公的扶助制度としての生活保護制度の現状と課題等について、現代社会の「地方分権」「社会保障構造改革」「社会福祉基礎構造改革」等の中で、今後の方向性はどのようにあるべきか等を中心に考察し、社会的健康と経済的健康とは何かについて考察し、理解を深めていく。

先修条件または
他の授業科目との関連
@先修条件はありません。
Aこの科目は、「社会福祉士」「精神保健福祉士」の受験資格取得に必要な科目です。資格を取得するためには様々な条件がありますので、必ず授業要覧を確認し希望する学生は担当教員に申し出てください。
履修のポイント
留意事項
学科目「ソーシャルウェルネス」の選択必修科目です。同じ学科目の中から20単位を修得する必要があります。
学部・学科必修/選択の別
健康学部 健康マネジメント学科 選択必修

2018/09/13 17:24:48 作成