授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 健康づくり運動の実技と指導B
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
(概要)健康社会を実現し、維持するためには、「運動」の正しい理解と、それを広める力が必要になる。この科目は、正しい運動方法とその指導法を身に付け、健康社会を構成する多様な分野で活躍できる人材を育成することを目的とする。具体的には、生活習慣病の予防、呼吸循環機能の改善などを目的とした有酸素性トレーニング(ウォーキング、ノルディックウォーキング、ジョギング、エアロビックダンス)の実技を実際に経験し、健康を広めるための指導法を習得することを目指す。

(オムニバス方式/全15回)
(20 西垣景太/8回)
 ウォーキング、ノルディックウォーキング、ジョギングの実技に関して、正しい運動方法とその指導法を教授する。 
(36 加藤健志/7回)
 エアロビックダンスの実技に関して、正しい運動方法とその指導法を教授する。
先修条件または
他の授業科目との関連
@実習科目ですので、履修制限が生じる可能性があります。
A先修条件はありません。
Bこの科目は、「健康運動実践指導者」「トレーニング指導者」の受験資格取得に必要な科目です。資格を取得するためには様々な条件がありますので、必ず授業要覧を確認し希望する学生は担当教員に申し出てください。
C他学科生の受講はできません。

履修のポイント
留意事項
学科目「健康と運動」の選択科目です。選択科目は、選択必修科目の余剰単位を含めることができますが、自分が身に付けたい力を考えて、計画的に履修してください。
学部・学科必修/選択の別
健康学部 健康マネジメント学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成