授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 心と身体のしくみ1
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 健康社会を実現するためには、社会面だけでなく、多様な分野についても総合的に捉え、コーディネートできる人材の育成が必要である。この科目では、医学の中で最も基本的な、人の構造を学ぶ「解剖学」と、機能を学ぶ「生理学」を融合して、心の動きを加えた「基本的な人体の機能・構造」を学ぶ。具体的には受精から始まり、出産、成熟、老齢期に至る心と身体の変化、消化器官、生殖器官、血液・リンパ、循環器官、免疫器官、脳など身体を構成する臓器・器官の役割と心の関連について学び、医学的視点から健康社会を理解するための基礎を学ぶ。
先修条件または
他の授業科目との関連
@先修条件はありません。
Aこの科目は、「社会福祉士」「精神保健福祉士」の受験資格取得に必要な科目です。また、「サプリメントアドバイザイー」の受験科目です。資格を取得するためには様々な条件がありますので、必ず授業要覧を確認し希望する学生は担当教員に申し出てください。
履修のポイント
留意事項
学科目「メンタルヘルス」の選択科目です。選択科目は、選択必修科目の余剰単位を含めることができますが、自分が身に付けたい力を考えて、計画的に履修してください。
学部・学科必修/選択の別
健康学部 健康マネジメント学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成