授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 食べ物の化学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 私たちが社会で生きるためには、「食べる」ことが必要である。また「食べる」ことにより、様々な健康が生まれる。この科目は、健康を構成する「食品」に目を向け、化学的に理解することを目的とする。具体的には、食品を構成している成分の特性、相互作用、食品の性状、品質および加工特性等について、例えば小麦の主成分である”でんぷん”と米の主成分の”でんぷん”の性質の違いや、それぞれの特性、利用方法等を挙げ、身近な食品から理解を深め、人の満足や幸せを含めた健康社会の実現に役立てる基礎的な内容とする。
先修条件または
他の授業科目との関連
@先修条件はありません。
Aこの科目は、「サプリメントアドバイザイー」の受験科目です。資格を取得するためには様々な条件がありますので、必ず授業要覧を確認し希望する学生は担当教員に申し出てください。
履修のポイント
留意事項
@学科目「健康と栄養」の選択科目です。この学科目は生物等の基礎的な知識が必要です。自信がない人は、「栄養学入門」から履修を開始してください。
A選択科目は、選択必修科目の余剰単位を含めることができますが、自分が身に付けたい力を考えて、計画的に履修してください。
学部・学科必修/選択の別
健康学部 健康マネジメント学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成