授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 加齢と栄養
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 「健康」に向き合うと、「加齢」による様々な影響により、こころや身体から、年金等の社会制度にまで影響が生じていることに気づく。そして、栄養面から「加齢」を考えることは、社会から求められている「健康社会」の実現と維持に繋がる。この科目では、受精から出産、成長期から成熟、そして老化が進む過程について、年齢・性別・遺伝・生活環境の差異による「栄養の質や量」の違いを学び、年齢に応じた必要不可欠な栄養や、高齢者の疾病予防に繋がる栄養管理の基礎知識を得ることにより、健康問題と健康の維持・増進のための具体的方法を理解する。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありません。
履修のポイント
留意事項
@学科目「健康と栄養」の選択科目です。この学科目は生物等の基礎的な知識が必要です。自信がない人は、「栄養学入門」から履修を開始してください。
A選択科目は、選択必修科目の余剰単位を含めることができますが、自分が身に付けたい力を考えて、計画的に履修してください。
学部・学科必修/選択の別
健康学部 健康マネジメント学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成