授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 精神保健福祉援助演習2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 精神保健福祉援助の知識と技術に係る他の科目との関連性も視野に入れ、事例を活用しながら、援助(ソーシャルワーク実践)のプロセスを通して援助技術、リハビリテーション技術、倫理や自己覚知、スーパービジョン、セルフケアの方法などを身に付ける。具体的な内容として、@ジェネリック・ソーシャルワークと援助プロセス、A事例を活用し援助プロセス、B直接援助、間接援助の実技、C援助に有効な理論や概念の活用方法、Dチームワーク、ネットワークなど、協働(コラボレーション)、E倫理、自己覚知を理解し、スーパービジョンやセルフケアなどについて学ぶ。

先修条件または
他の授業科目との関連
@「精神保健福祉士」の受験資格取得を目指す学生のための科目です。
A第8セメスター以降に履修が可能です
B他学科生の受講はできません。
履修のポイント
留意事項
この科目は 卒業単位に含まれない科目です。資格取得を目指す学生は、8セマスターより計画的に履修を進めてください。
学部・学科必修/選択の別
健康学部 健康マネジメント学科 随意(卒業単位に含まない)

2018/09/13 17:24:48 作成