授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用化学数学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
 本講義は,高等学校において学んだ数学の知識を基本として,大学で化学系分野を学ぶために必要な数学的知識へと発展させることに目標を置いています.近代化学は「量」を取り扱う学問として急速に発展してきました.自然科学現象の様々な法則性、その定式化においては、解析学を用いた議論が必要不可欠であり、化学の法則の定量的分析が可能となります。本講義では,大学で化学を学ぶ学生にとって必要な最低限の数学的知識を掘り下げ、その概念の理解と計算技術を習得することに狙いを定めています.特に線形代数などに特有の抽象概念の消化を目指し,演習を通した具体例に触れることでによって,大学レベルの発展的な化学分野の学習に向けた障壁を取り除きます.
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はありませんが、「化学数学」またはそれに準ずる数学的な学力を習得していることを前提として講義を進めます。
履修のポイント
留意事項
 数学的知識は,講義のみでは十分に養うことが出来ません。予習・復習のほか、自ら演習に取り組みながら、理解を深めることが必要です.
学部・学科必修/選択の別
工学部 選択

2018/09/13 17:24:48 作成