授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 物理数学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
工学の分野では、数学は文字と同じように事象を理解するためのツールです。特に光や 画像を理解する上では、数学がこれらの分野でどの様に利用されるかを理解することが必 要です。この講義では、実際に工学を理解するためのツールとしての数学を学びます。  本講義では、ベクトルと行列、微分と積分、ベクトル解析、複素関数、関数空間などの 内容について学びます。これらの内容を通して、光の伝播の時間・空間的なイメージ、画 像の各種変換の原理などを理解することが目的です。当学科の専門科目と数学をつなげる 科目ですので、全員の履修を望みます。  本授業により育成する力・スキルは「自ら考える力」、「工学を理解するための基礎 力」、「光の本質理解と応用力」、「画像の本質理解と応用力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は特にありませんが、講義を理解するためには、基礎数学、線形代数、微積分 物理学の基礎知識が必要です。このため、これらの科目を履修してあるか同時に履修する ことが望ましいです。
	
履修のポイント
留意事項
 演習問題を通して、実際に自分で計算することにより、講義内容の理解が深まりますので、講 義で出される演習問題だけでなく、自ら演習問題を解いていくように心がけてください。
履修のポイント
留意事項
留意事項
 演習問題を通して、実際に自分で計算することにより、講義内容の理解が深まりますので、講 義で出される演習問題だけでなく、自ら演習問題を解いていくように心がけてください。
学部・学科必修/選択の別
工学部 光・画像工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成