授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 光学マテリアル
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
  現代の科学技術の成果は光学の発展に負うところが大きく、その技術的基盤が光学材料です。光学材料には、ガラスや水晶のように古くからその性質が知られて利用されてきた物から、YAGレーザーロッドのように、新しい技術によって合成された新素材まで広範な物質が存在します。この授業ではそれらを素材別に分類して性質を概説し、特にその物質と光との相互作用の大小を表す基本物理量について学びます。加工などそれら物質の基本的な取り扱い方についても触れ、光学材料のフィルム状での利用で、その有効性を発揮する光学薄膜について薄膜生成法ならびに薄膜の光学特性を学びます。偏向素子、レーザー応用、分光学的応用、集光素子、偏光素子、オプトエレクトロニクス応用、光導波応用、機能性光学応用などへの、具体的応用といった立場から光学材料を紹介します。全般にわたって基礎と実践を念頭におき、また実物に出来る限り触れられるような授業を心がけます。
 本授業により育成する力・スキルは「自ら考える力」、「工学を理解するための基礎力」、「光の本質理解と応用力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
幾何光学,電磁気学,波動光学など光工学の基礎を学んでいることが望ましいです.
履修のポイント
留意事項
  授業はプリント等を利用して進めます。光学材料や光学素子は出来るだけ実物を見せるつもりです。
学部・学科必修/選択の別
工学部 光・画像工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成