授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 光学設計
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 カメラ、コピー機、CD・DVDのピックアップ、バーコードリーダー、望遠鏡、顕微鏡、自動車のヘッドランプ等、我々の身の回りには多くの光学機器が存在します。これらの光学機器において、レンズ、ミラー、プリズム等の光学部品は不可欠です。
 この講義では、これら光学部品を設計する上での基礎知識を初めに学びます。その上で、光学機器システムとして成り立たせて行くには、どのように考えたらよいのかという方法論を学びます。これらのことを通して各光学部品に要求される特性についても考えます。講義内容を通して、レンズや光学システムの設計の基礎を修得することが本講義の目的です。
 本授業により育成する力・スキルは「自ら考える力」、「工学を理解するための基礎力」、「光の本質理解と応用力」、「画像の本質理解と応用力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は特にありませんが講義を理解するためには、幾何光学と波動光学を用いるため、幾何光学、波動光学、電磁光学の基礎知識が必要です。このため、これらの科目を履修してあるか同時に履修することが望ましいです。
履修のポイント
留意事項
 光学機器の設計のための基礎を学びますので、将来この様な分野に進みたい人は履修することが望ましいです。
学部・学科必修/選択の別
工学部 光・画像工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成