授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 画像ハンドリング工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
画像情報は様々な機器の間で交換されながら人間に視覚情報を提供します。本講義では、その画像情報がどのように機器間でやりとりされるかについて学ぶことを目的とします。本講義では中でも画像情報と人間のヒューマンインタフェース部分において,特に高精細な画像情報,高密度な文字図形情報の伝達に関して有利な静止画像情報の取り扱いについて学びます。高品質の画像を効率よく人間に伝えるために入力/出力システムがどのような考え方でどのように構成されているかについてスキャナ,プリンタ,ディスプレイ,デジタルカメラ等に例をとって述べます。
 これらの機器間で画像情報がやりとりされるためには、画像の記述形式の整合、画像の精細さについての整合、機器間で異なる色再現能力色についての整合等、様々な点で、機器間の整合と調整をはかる必要が生じます。このような整合がどのような考え方でなされ、あるいはその標準化がどのようになされているかについて現状を把握します。さらには次世代の静止画像技術のあるべき姿について,考える糸口を学びます。
 本授業により育成する力・スキルは「自ら考える力」、「時代の変化に対応する専門力」、「画像の本質理解と応用力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありません。視覚と認識、画像と色彩、イメージ形成工学と関連します。視覚と認識は静止画情報に対する人間の認識能力を学習します。画像と色彩では画像形成用技術を材料的側面で学習します。イメージ形成工学では静止画像情報を人間の視覚に与える形で形成する個別の方式、技術について学びます。
履修のポイント
留意事項
静止画情報の知識を与えるイメージ形成工学、画像ハンドリング工学と対照的に動画情報の知識を与える科目ですので、静止画情報系の前記科目と併せて履修すると画像情報技術の全般をカバーすることができます。
学部・学科必修/選択の別
工学部 光・画像工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成