授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 光・画像基礎実験2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 光工学・画像工学は現代の科学技術の中では非常に多様な形態で使用されており、その技術は古典的な光学から量子光学にわたっています。ここで行う実験は必ずしも最先端の装置を用いるわけではないですが、それらの要素技術を習得するのに役立ちます。光工学・画像工学分野に進むうえでの前段階的な要素が多く、授業の復習とともに技術習得にも力を入れて欲しいと思います。
 この実験は2(〜3)名程度の少人数グループで行い、全部で6テーマほど行います。
実験の内容は、基礎的なテーマ(Fundamental)、応用的なテーマ(Application or 
Advanced)、テクニカルなテーマ(Technical)が含まれています。
 マイケルソン干渉計、光通信、画像処理、モアレ縞、各種受光デバイス等があります。実験を進めていく中で、レポートの書き方、図表の書き方、データの整理法についても指導します。
 本授業により育成する力・スキルは「挑み力」、「成し遂げ力」、「工学を理解するた
めの基礎力」、「光の本質理解と応用力」、「光の本質理解と応用力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
光学入門、幾何光学,波動光学,電磁光学、照明工学,先端光テクノロジー,イメージ形成工学,画像マテリアル論,光化学,視覚と認識,固体物理,画像処理入門,レーザー理工学,光エレクトロニクス,半導体工学,光通信工学,光コンピューテイング,光機能デバイス,光計測システム,ホログラフィー工学、画像ハンドリング工学,動画情報論,バイオフォトニクス,薄膜工学,電子回路,光工学基礎実験1等に関連しています.
光学入門、画像工学入門、幾何光学,波動光学,電磁光学、照明工学,イメージ形成工学,画像と色彩,光化学,視覚と認識,固体物理,レーザー工学,光エレクトロニクス,光通信,光機能デバイス,光計測システム,三次元画像形成、画像ハンドリング工学,動画情報論,リモートセンシング,薄膜工学,光・画像基礎実験1等に関連しています.
履修のポイント
留意事項
 「光・画像工学基礎実験マニュアル」をテキストとして用いるので実験を始める前に十分読み、実験の計画よよびを予習項目があるので、レポートとして用意しておいてください。テキストで足りないことについては図書館などで事前に調べ実験ノートに書いておきましょう。実験を開始する段階ではレポートの結果、考察以外はすぐに書けるよう準備しておくと良いです。実験終了後、データの整理、実験の考察をしておきましょう。
 何らかの理由により欠席した場合には補充実験を行ってレポートを提出してください。
学部・学科必修/選択の別
工学部 光・画像工学科 必修

2018/09/13 17:24:48 作成