授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電気磁気学2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
電気と磁気およびその相互作用により生じる電磁気的現象を理解し、その応用例を自ら説明できる能力を習得します。本講義では、電気磁気学1で学んだ静電界の内容を基礎として、静磁界に関連する内容を中心に取り扱います。まず、磁荷(磁極)周りの静磁界について学ぶとともに、磁気力線(磁力線)との関係を理解します。加えて、磁荷間に働く力に関する法則である、磁界のクーロンの法則を理解します。次いで、電流、電圧、電力の定義を整理し、磁界の発生およびその解析に用いられるアンペアの法則、ビオ・サバールの法則について学習します。また、電磁力について学び、モーターの原理を理解します。その後、電磁誘導の考え方およびレンツの法則、ファラデーの電磁誘導法則を学び、発電機の原理について理解します。加えて、電気回路の動作解析でも重要なインダクタンスについて、その定義を学習します。

本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「工学を理解するための基礎力」、「国家資格を有し公益に寄与する力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありませんが、第3セメスターで履修することが好ましいです。
本科目と共に、電気磁気学2演習を履修してください。
関連科目は、電気磁気学1、電気磁気学1演習です。

履修のポイント
留意事項
授業に加え、予習、復習を行うことで、内容の理解に努めて下さい。
学部・学科必修/選択の別
工学部 電気電子工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成