授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 高電圧工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 高電圧工学は、社会インフラにおける電力供給の基幹技術であることから始まり、民生用機器(身近なものでは電子レンジやコピー機、電気集塵器など)の高電圧機器に広く適用されています。高電圧によって起る現象は、一般に高電界の現象として扱うことができます。講義は高電圧及び高電界現象、高電圧の適用技術について平易に解説します。
 まず放電基礎理論として励起、電離、再結合などの原子や分子の状態について学び、放電が1個の電子から開始する電子なだれの考え方を学びます。そして、オームの法則が成立しない電圧電流特性(グロー放電に代表される低気圧放電、大気圧放電に代表される火花放電や雷、液体や固体中の放電など)の高電界現象を考察します。
 次に、高電圧の発生(AC、DC、Surge)、測定、適用、および電気絶縁の方法について学びます。また、電気機器の保守を目的とした際の高電圧装置の電気絶縁劣化、部分放電及び絶縁破壊について考察します。

授業で育成する力・スキル
 (a) 全学共通:「考える力」
 (b) 学部共通:「工学を理解するための基礎力」
 (c) 学  科:「国家資格を有し公益に寄与する力」


先修条件または
他の授業科目との関連
 履修には電気磁気学、電気回路、電気電子計測などの基礎知識が要求されます。
また、電力技術の科目に関連が深い内容であります。
履修のポイント
留意事項
(1) 講義内容が多岐にわたり、教科書以外の内容もあるためノートは常に整備してください。
(2) 自ら考える力を求めるため、随時、講義内容に関連する基礎や社会課題などの調査を課します。
(3) 成績は定期試験を主体として、演習とレポート課題の状況を加味して総合的に評価します。

学部・学科必修/選択の別
工学部 電気電子工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成