授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 情報伝送工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
本講義では、情報源から発生する音声・データ等の情報を適切な電気信号に変換し、伝送するシステムを設計・構築あるいは利用する際に必要となる基礎理論・基本技術を学ぶ。まず、通信信号を数学的に解析するための基礎理論およびシステム理論、変復調方式の理論を学ぶ。次に現在の情報伝送の主流であるディジタル伝送理論、ディジタル変復調方式について学ぶ。さらに通信ネットワークを構成する重要な要素である交換技術の基礎についても学ぶ。

本授業により育成する力・スキルは、「挑み力」、「時代の変化に対応する専門力」、「国家資格を有し公益に寄与する力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、基礎的な数学を復習しておくとともに
「信号処理の基礎」を履修していることが望ましい。
履修のポイント
留意事項
授業に加え、予習、復習を行うことで、内容の理解に努めてほしい。
学部・学科必修/選択の別
工学部 電気電子工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成