授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 マイクロマシン工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
「マイクロマシン」の意は字の如く微小機械である。一般的に用いられる創製手法は、ナノテクノロジー技術を用いたリソグラフィや薄膜創製技術である。本科目の構成は、マイクロマシンの製造技術と実例・応用技術の2種類に大別される。前者では、様々なマイクロマシン加工技術の紹介を行い、後者では、各種マイクロアクチュエータ、マイクロセンサにおけるマイクロマシン技術の適用事例を通じて、医療、バイオなど幅広い分野への応用について述べる。
 本授業により育成する力・スキルは,「挑み力」,「時代の変化に対応する専門力」,「精密工学的応用力」です.

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は特にないが、物理化学、電子材料、先端機能材料学の基礎は知っている方が望ましい。

履修のポイント
留意事項
本講義は、製造技術に主眼をおいた講義計画となるため、「マイクロマシンをどう作るか」という技術および材料の教授に重点をおいている。

学部・学科必修/選択の別
工学部 精密工学科 選択
工学部 機械工学科 選択
工学部 機械工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成