授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 プログラミングF
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
この授業の目標は、Fortran言語によるプログラミングを学んで、研究等における問題解決にコンピュータを適用するための基礎力を身につけることである。
Fortran言語は科学技術計算向きのプログラミング言語で、数学的に高度な処理を比較的短く記述できる特徴を持つ。このため昔から自然科学や工学の分野で広く使われていて、プログラムの蓄積が多くある。現在でもハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)でのプログラム作成に多く用いられている。
授業では開発環境の使い方・文法・アルゴリズム等の知識の理解を、プログラミング作成実習を通して深めながら進める。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、「基礎情報処理」を履修済みであることが望ましい。
また、数値解析関連の授業や卒業研究などでプログラムを作成する場合、必要な科目となる。
履修のポイント
留意事項
(1) 授業内容に即した課題やレポートの作成を課す。
(2) 成績評価の基準は、シラバス詳細を参照すること。
学部・学科必修/選択の別
工学部 機械工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成