授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 機械力学1
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 複数の部品が組み合わされてできており,それらが相互に作用しあいながら一定の動作をするものを機械といいます.機械力学は,このような機械における力と運動に関わる問題を,機械の構造や運転条件も考慮に入れながら取り扱う学問分野です.機械力学1では,機械力学2とともに,物体に作用する力と運動の関係を表す動力学を扱い,その基礎知識を理解するとともに,比較的簡単な力学的問題への応用能力を身につけ,将来高度な力学的問題の解決や具体的な設計活動への展開を図れるようになることを目標としています.
 授業では,ニュートンの運動の法則に基づいて説明される,質点および質点系の直線および曲線運動,剛体の固定軸まわりの回転運動および平面運動などについて,講義を徹底して行います.また,配布資料や映像を活用するとともに,演習を重点的に行うことによって,講義内容の効果的な習得をねらいます.
 本授業により育成する力・スキルは,「自ら考える力」,「時代の変化に対応する専門力」,「ものづくりに必要な基礎的能力」です.

先修条件または
他の授業科目との関連
 機械基礎力学の後に続く科目で,同科目を先修条件としています.また,機械力学2へ接続します.物理学A,工科の線形代数1・2,工科の微積分1・2と関連があるので,先に(あるいは合わせて)履修することを勧めます.
 この科目は本学科で学ぶ力学系科目の先頭に位置し,材料力学1・2,流れ学1・2,熱工学1・2などの主要科目の基礎を与えます.

履修のポイント
留意事項
 授業内容を習得するためには,数学の基礎知識(特に,三角関数,微積分,ベクトル)とその応用能力が必須ですので,よく復習しておくことが望まれます.また,力学の初歩的な知識があると好ましいと言えます.
 演習や宿題を多く取り入れて項目ごとに着実な理解が得られることをねらいとしていますので,これを効果的に活用するために,毎回欠かさず授業に出席して,授業内容をその都度身につけるような学習スタイルを取るようにしてください.

学部・学科必修/選択の別
工学部 機械工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成