授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 基礎製図
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標

 自動車、飛行機など機械システムを製作するためには、設計者がどのようなもの
を作るかを、設計図(図面)を描いて、製作者に正確に伝える必要があります。図
面は意志疎通のための言葉の役割をしています。言語には文法があるように図面に
も、その描き方に規則があります。立体である機械部品を2次元の紙面に描き表す
ために、日本工業規格(JIS)によって、基本的な投影法、寸法記入法、加工の指示方
法などが機械製図規格として定められています。この製図規則を知らなければ、図
面によって設計者の意図する機械を製作することはできません。
 本科目では、製図規則に従って正確に機械部品の製作図が描け、読図ができるこ
とを目標として授業を行います。そのために、実際に製図の実習において図面を手
描きで描くことによって、機械製図規格が身につけられるように授業を進めます。
 本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「成し遂げ力」、「時
代の変化に対応する専門力」、「ものづくりに必要な基礎的能力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありません。基礎製図は、「機械要素設計」、「CAD/CAM」、
「機械デザイン1」、「機械デザイン2」など、以後に開講される設計製図関連科
目の基礎となる科目です。

履修のポイント
留意事項
講義と共に手描き製図実習を行います。予習は授業の進度に合わせて教科書をよく読んでおいてください。復習は、授業中に描いて提出した図面の間違いをチェックして返しますので、再検討して正しい図面に訂正し、再提出してください。
学部・学科必修/選択の別
工学部 機械工学科 必修

2018/09/13 17:24:48 作成