授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 機械要素設計
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
	
 機械の設計とは、仕様(機械が要求された性能)を満たすように機械のシステム
や構造を検討し、今までの経験や理論計算等によって機械の各部の形状、使用材料
や寸法等を決定して,これを具体的に製図し、この設計図によって機械を加工・製作
するために必要なことを指示するといった一連の作業のことです。一般に、機械機
器には伝動軸、ねじ類、歯車などの機械要素部品が使用されています.設計者は機
械を構成するこれらの機械要素についての知識が必要であり、これらの機能および
設計法を理解する必要があります。
 授業では、機械要素部品の種類、機能を学び、さらに材料の許容応力、安全率、
強度計算法、標準寸法および経験的設計法などの設計に必要なことを学びます.そ
して機械要素部品の設計製図実習を行い、機械設計の基礎能力を養成します。
 本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「成し遂げ力」、「時
代の変化に対応する専門力」、「ものづくりに必要な基礎的能力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件となる科目は、「基礎製図」です。本科目は、以後に開講される「CAD/CAM」、「機械デザイン1」、「機械デザイン2」などの設計製図関連科目の基礎となる科目です。
履修のポイント
留意事項
 講義と共に設計製図の実習を行います。基礎製図で既に学んだ製図規則を正しく理解
していることが必要です
学部・学科必修/選択の別
工学部 機械工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成