授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 基礎数値解析
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 機械工学の様々な現象は、モデル化して数学的に記述でき、そしてその解を求めることで工学的な解釈が与えられます。これらの方程式は初等的な数学の方法では解が求まらないことが多く、近似的にしか解けない場合があります。しかし、工学の問題では近似的にも数値結果を求めることは非常に重要です。そこで本講義ではコンピュータを用いて数値解析を行う場合の比較的初歩的・基礎的な部分の計算法について理解することを目的としています。取り扱う内容は方程式の反復解法、数値積分法、常微分方程式の解法などです。
 本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「時代の変化に対応する専門力」、「ものづくりに必要な基礎的能力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
 数学系科目で取り扱った問題をどのようにして数値的に求めるかを行うのでいろいろな数学系科目が基礎となります。また、実際に計算機で計算を行うためのプログラム例も示しますので、プログラミングFやCを履修しておくことを望みます。さらに、本講義は卒業研究などにおいてデーター整理の際に役立つはずです。
履修のポイント
留意事項
 前述したように数値解析は数学の1分野であるため、工科の線形代数1、2、工科の微積分1、2、工科の微分方程式1、2などの数学系科目を履修しておく必要があります。また主要な計算法に関してはレポートを課します。
学部・学科必修/選択の別
工学部 機械工学科 選択
工学部 機械工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成