授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 構造力学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本科目は,材料力学と同様,機械,自動車,航空機およびその他の構造物を設計
計算する上での計算手段を学ぶ学問ですが,材料力学で学んだ理論を基礎とし,複
雑な強度計算問題をを解く能力を養うことを目標とし,さらに高度な理論を学びま
す.
 本講義では先ず,各不静定はりの基礎概念・変形の条件について講義し,それと
並行して演習を行います.次に,ひずみエネルギの原理,柱の座屈,トラスとラー
メン構造,組み合わせ応力について講義と演習を行います.
 本授業により育成する力・スキルは,「自ら考える力」,「時代の変化に対応す
る専門力」,「ものづくりに必要な基礎的能力」です.
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件となる科目は、材料力学2です。材料力学の基礎知識を必要としますので、必ず「材料力学1・2」の復習をしておいて下さい.また,本科目は設計関連科目において重要となる科目です.
履修のポイント
留意事項
「材料力学」で学んだ内容が基礎となりますので十分に復習をしておいて下さい.ま
た,本科目の授業内容を理解する上で,数学・物理・微積分・微分方程式について復習
をしておいて下さい.さらに,理論を確立するために演習問題を自ら解くと共に,予
習・復習を必ずして下さい.
学部・学科必修/選択の別
工学部 機械工学科 選択
工学部 機械工学科 選択必修

2018/09/13 17:24:48 作成