授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 エネルギー変換工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 産業革命の発端となった蒸気機関のように,熱を仕事に変える熱機関の発展が現
在の文明社会をもたらし,支えているといっても過言ではありません.21世紀の最
大の課題であるエネルギー問題や,地球温暖化などの環境問題を解決するために
は,エネルギーの有効利用や新しいエネルギー変換の取り組みが必要です.このた
めに必要な基礎知識を獲得することを目的として,本講義では,「熱工学」の履修
を前提に,熱機関(ガソリンエンジン,ディーゼルエンジン,ガスタービンや蒸気
タービンなど)やヒートポンプ・冷凍機を代表とするような,エネルギーを利用し
やすい形態に変換して使う種々の方法について,その原理と構造を学びます.さら
にこれらの知識を踏まえ,エネルギー有効利用のための重要事項について検討しま
す.
 本授業により育成する力・スキルは,「自ら考える力」,「時代の変化に対応す
る専門力」,「ものづくりに必要な基礎的能力」です.

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件となる科目は、「熱工学2」です。また本授業の履修後には,密接に関連する「環境とエネルギー」を履修することが強く望まれます。
履修のポイント
留意事項
 いろいろな種類の熱機関などが存在する理由をそれぞれの特徴と共に理解し,これか
らのエネルギー変換は何が重要な評価項目であるかを理解する必要があります.講義を
中心に行いますが,理解を確実にするための演習を随時行います.復習により知識を確
実にすることが重要です.
学部・学科必修/選択の別
工学部 機械工学科 選択
工学部 機械工学科 選択必修

2018/09/13 17:24:48 作成