授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用流体工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 流れ学1および2、流体力学では、機械、造船、航空、土木、建築、化学工業等などの分野での実際の流体現象の把握や実用的な問題を解決できるような基礎知識の修得を目標としてきましたが、実際の流体力学的な問題解決には、更なる知識が必要です。本講義では、例として大気圏突入のような高速流体力学や微小空間での流体を取り扱うマイクロ流体工学とその応用事例などを題材に講義していきます。

 本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「時代の変化に対応する専門力」、「ものづくりに必要な基礎的能力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件となる科目は、「流れ学1」です。その他に「流れ学2」、「熱工学1」、「熱工学2」および「流体力学」を履修していることが望ましい。本科目は機械工学の応用となる科目であり、特に流体分野に興味のある場合や大学院に進学を希望する場合は履修することを強く望みます。
履修のポイント
留意事項
 基礎的な考えをより理解するために、授業はシラバスの計画に沿って行うので教科書あるいは参考書等の該当する部分を予めよく読んで予習してきてください。また、わからない部分は積極的に授業中あるいは直接研究室にて質問し理解するようにしてください。
学部・学科必修/選択の別
工学部 機械工学科 選択
工学部 機械工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成