授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 先端加工
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 半導体製造装置や情報関連装置などの最先端ハード技術の優位性を確保するためには,そこに使われる素材や部品を高精度に加工できることが必須条件となります.高精度加工技術の基本となるのは切削加工や研削加工といった精密機械加工技術であり,それらの基礎的知識を修得しておく事は,最先端精密装置・機械の設計開発ならびに製造に不可欠と言えます.また,最近は放電加工,レーザ加工,イオンビーム加工など高エネルギービームを使った特殊加工技術が発達し,先端加工技術として必須となりつつあります.本科目では,この先端加工技術について概述し,工業分野で活躍する開発設計技術者,生産技術者に必要な知識として先端加工学を修得することを目指しています.
 本授業により育成する力・スキルは,「自ら考える力」,「時代の変化に対応する専門力」,「ものづくりに必要な基礎的能力」です.

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はありませんが,「機械加工」,「機械材料」,「先端材料」を履修していることを強く望みます.
 また,特殊加工は物理現象あるいは化学現象を応用したものであることから,物理関連,化学関連の科目を予め履修しておくことを勧めます.
履修のポイント
留意事項
 先端加工法の種類は多いですが,それらをただ憶えるのではなく,最先端の機器を目にした際に,それがどのような材料をどのような加工法用いて作製されたかを,授業で学んだことと結びつけながら考えてみることが重要です.このようなものの見方を問う演習問題を適宜課しますので,その都度理解するようにして下さい.

学部・学科必修/選択の別
工学部 機械工学科 選択
工学部 機械工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成