授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ファクトリーオートメーション
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
加工・組立てを行う生産工場では機械化や自動化が進んでいます.本科目では,人間と機械とのかかわりやシステム的な考え方に触れながら,数値制御工作機械,産業用ロボット, CAD/CAM , FMC , FMS , CIM ,自律分散システムなどのファクトリオートメーション( F A )の流れについて概要を述べます.具体的には, N C 工作機械,特にマシニングセンタを中心にした機械加工システムに特化して,その技術的発展を歴史的にたどりながら,具体的に F A を学習します.本科目においては,数値制御工作機械が世に出てから最近の機械加工システムまでの変遷の各段階の特徴を説明できること,および工作機械の数値制御と加工のための N C プログラムの作成をどのように行うのかについて概要を説明できることを目標としています.
本授業により育成する力・スキルは,「自ら考える力」,「時代の変化に対応す
る専門力」,「ものづくりに必要な基礎的能力」です.

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありませんが,「機械加工」,「先端加工」と密接に関係しています .

履修のポイント
留意事項
我々の生活環境にも自動化や知能化さらには情報化の波がやってきています.それらを注意深く眺め,本科目と関連づける習慣をつけておくことにより,将来使い勝手のよい製品を開発する上で知恵を十分発揮することができるようになります.このようなものの見方を養成するために演習問題を適時に課します.
学部・学科必修/選択の別
工学部 機械工学科 選択
工学部 機械工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成