授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 先端技術と機械システム
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本講義では、機械工学に直接的あるいは間接的に関連のある将来技術、先端技術を幾つか取り上げ、原則として一回毎に独立した講義としてわかりやすく解説します。それぞれの講義は、大学内外の専門家に依頼し、その道のトップクラスの専門家と直に触れ合い、質疑応答をおこなうことにより、その先端技術の意義、内容の理解はもとより、先端技術に取り組み、様々な困難を克服する研究者、技術者の姿勢、課題への着眼点などを学生自身が直に理解することにより問題発見・解決能力の向上を図ることを目的としています。
 本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「時代の変化に対応する専門力」、「ものづくりに必要な基礎的能力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は特にありませんが、本講義は第8セメスターの学生を対象としており、機械工学の基本的な科目、特に機械力学1・2、材料力学1・2、熱工学1・2、流れ学1・2、制御工学1・2、機械デザイン1・2を全て履修・修得し、卒業研究1あるいは2に着手していることを推奨します。
履修のポイント
留意事項
  特に教科書は使用しないので、出席して直に講義を聴くことが必須です。教員との質疑応答で得るものは多いので、積極的に論議に参加することが肝要です。
学部・学科必修/選択の別
工学部 機械工学科 選択
工学部 機械工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成